競輪のルール

競輪7

”最近の食事はひたすらUber Eatsでフレンチ”

どうも、すねおです!

今回は競輪の超基礎的なルールを紹介していく。
”チャリセレブ”になるには確実に知らないとだぞ!
競輪予想するには必読間違いなしだ!

早速だけど
3つのルールがあるから紹介していくな!
競輪初心者でも分かるように書いていくから、最後まで見てくれよ!!

競輪の参加人数

競輪のレースの長さ

③先頭固定競争

※どんなスポーツでも学業でも結果を出すには基礎が大事だろ!
まだ慌てない事だ!
”上ばかり見ていると、足元がおろそかになる”
→by ドラゴン桜

競輪の参加人数

1レースにつき5~9名で行われて
各競技会場や地域、時間、レースの種類によって異なるぞ!

※現役の競輪選手は数1000名以上いて
未成年~60歳以上の方までいるんだって!!!

60歳でチャリ漕ぐのは想像つかないよね…
”それも競輪で勝つ為に必要な知識かもね!”

競輪のレースの長さ

競輪場は全国43カ所あって
北海道~九州まで幅広く存在する!

競輪場で選手が走るコースをバンク(競走路)といって
バンク1周の距離は3種類「333m・400m・500m」で
31カ所の競輪場が400mバンクだよ!

距離が長くなるほど直線距離も長くなるイメージで
レースの走行距離は約1500~約3000mあり、2000mのレースが一般的なんだ。

※バンクの種類や長さによって競輪選手の得意・不得意があるから
また別の記事触れるね!
ちなみに”チャリセレブ”になるにはかなり重要!!

③先頭固定競争

競輪のレースは、「先頭固定競走」と呼ばれるレース方法で行なわれいて
「先頭固定競走」とは、先頭誘導員がレースの先頭を走り誘導するという制度!
全部の競輪レースで取り入れられているよ!

よく分からない人の為に!!
まず、誘導員が先頭を走行してレースを誘導する理由は
風の抵抗を軽減する為と、後続を走る選手の動向を把握しやすくする為で
ハイスピードで走る競輪は、風の抵抗を受けやすくて、
トップにいる選手には大きな影響を与えるから、
この制度が導入されたみたいだ!

残り1周半(400mバンクの場合)に差し掛かると、
誘導員がコースから外れ、ジャンと呼ばれる鐘が打ち鳴らされる!

”ここからが本当の勝負!!!”
競輪の魅力の一つだぞ!”

選手たちはここからは自由なペースで走行することができて
最終的にゴールに入った順番で着順が決まる!
最後のコーナーを曲がってからも着順が入れ替わることが多く、
最後まで目が離せないのが競輪なんだ!

~今日の御託~

競輪の超基礎的なルールを書いた!
これからもっと詳しくなって僕と一緒に”チャリセレブ”への
階段を登っていこうな!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です